格安料金のチラシ印刷をチェック!上手く比較することが重要

印刷の仕組み

印刷機

まとめて印刷する

チラシ印刷などの大量の印刷をするときには、版を作ってから印刷に回すので、版を作るのに最も費用がかかります。数百部単位の少数のチラシ印刷でも数万部単位の大部数のチラシ印刷でも版を作る料金は変わらないので、1枚当たりの単価は大部数のチラシ印刷の方が安くなります。カラーでのチラシ印刷では版を黒、シアン、マゼンタ、イエローの4つを作りますが、白黒では黒1色の版を作るだけなので、白黒のほうが料金が格安になる理由なのです。印刷をするときには、A4サイズで印刷をしているのではなく、一般的にA1サイズより一回り大きいA全サイズで印刷を行って裁断をしています。A4サイズであれば、A全サイズに8つまとめて印刷をすることができるので、効率よく印刷することができます。最近では小部数のチラシ印刷でも格安でやってくれる業者が出てきていますが、格安で印刷ができる仕組みは版を作らないでチラシ印刷ができるためです。この印刷方法をオンデマンド印刷とも言いますが、版を使わないでデータをそのまま印刷に使うのでコピーと似たような方式でチラシ印刷を行います。輪転機を使うより印刷効率が悪いのでコストはかかりますが、版を作らないので少数のチラシ印刷の場合は格安で印刷をすることができます。今ではネットを使ってデータで入稿することができるようになり、間に担当者が動かなくてよくなるため人件費が削れるため、ますます格安料金でチラシ印刷ができるようになりました。